神戸市北区、神戸市西区の外壁塗装・屋根塗装ならならプロタイムズ有馬店におまかせください!

ドクトル外壁さん プロタイムズ 株式会社 楪 有馬店

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-79-2323
営業時間 9:00~19:00(水曜・祝祭日定休)

フリーダイヤル0120-79-2323

  • ホーム
  • スタッフブログ 上書き保存

スタッフブログ 上書き保存

屋根のメンテナンス

 

”神戸市北区・神戸市西区で外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ有馬店株式会社楪にお任せください。”

 

今回は屋根のメンテナンス時期について解説します。

 

近年一般住宅で多く採用されているスレート瓦について、塗装の時期が分からないというお声をよく聞きます。

 

スレート瓦は厚さが4.5ミリ内容成分は85パーセントがセメント、15パーセントが石綿(築年数によってはノンアスベトもあります。)が使われており、そのモノ自体には防水性がない為、新築時は工場で塗装されたものを葺いていきます。

 

工場でされた塗装は耐久性が7年前後と短い為、築10年を経過する頃にはメンテナンスが必要になります。

 

しかし自分の家は雨漏りしていないからとメンテナンスを先送りにされる方も多くいらっしゃします。

雨漏りは施主様が気づくまで、数年かかる事もありますし、気づいた時には屋根を支える野地板が腐ってしまっているなんてこともあり得ます。

そうなってしまうと塗装ではなく、葺き替えなどでメンテナンスしなければならず、工事金額も倍以上かかってきます。

瓦を長持ちさせるためにも定期的な点検・診断・メンテナンスが必須です。

 

しかし、屋根はご自身で登られると大変危険ですし、専門家に任せたほうが安心です。

 

弊社ではドローンで屋根を診断することも可能ですし、住宅保全推進協会発行の外装劣化診断士が診断を行い、適切なメンテナンスをご提案させて頂いております。

 

本格的な梅雨に入る前のこの時期にメンテナンスをされるのが、ご自宅にとって一番ベストな時期かもしれません。

 

診断・見積もりは無料ですのでご希望の方はお気軽にお問合せください。

 

 

 

 

人気記事